秀吉をめぐる女たち

中江克己 著

農民の倅から日本全国を支配する天下人の座にまで登りつめた太閤豊臣秀吉の出世には、女たちの力が与って大きかった。秀吉と結婚して足軽の娘から天下人の妻となったおね(北政所)、織田信長の妹お市の方を母とし、秀吉の側室となって秀頼を生んだものの、大坂夏の陣で自刃して果てた茶々(淀殿)、母(大政所)、姉妹などを通して、秀吉の実像を浮かびあがらせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 おね(北政所)
  • 第2章 茶々(淀殿)
  • 第3章 側室たち
  • 第4章 秀吉をそでにした女たち
  • 第5章 秀吉一族の女たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秀吉をめぐる女たち
著作者等 中江 克己
書名ヨミ ヒデヨシ オ メグル オンナタチ
書名別名 Hideyoshi o meguru onnatachi
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 1996.1
ページ数 216p
大きさ 15cm
ISBN 4309472907
NCID BN14460241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96034298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想