戦後日本の形成と発展 : 占領と改革の比較研究

皆村武一 著

米軍占領期の新資料を駆使した連合国の対日政策を徹底分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 連合国の対日占領管理政策(分析視角と課題
  • 連合国の対日占領管理体制 ほか)
  • 第2部 米国軍政府の琉球列島占領管理政策(米国軍政府の初期の琉球占領管理政策
  • 冷戦と琉球列島政策の転換 ほか)
  • 第3部 戦後改革と経済発展の比較研究(イタリアの戦後改革をめぐる状況
  • イタリアの農業改革 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後日本の形成と発展 : 占領と改革の比較研究
著作者等 皆村 武一
書名ヨミ センゴ ニホン ノ ケイセイ ト ハッテン
書名別名 Sengo nihon no keisei to hatten
出版元 日本経済評論社
刊行年月 1995.10
ページ数 533p
大きさ 22cm
ISBN 4818808172
NCID BN13294952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96034270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想