The tomb of wild chrysanthemum

by Sachio Ito ; translated from the work Sachio Ito by Isao Nagatsuka, Shin Saito

伊藤左千夫の名作『野菊の墓』-"野菊の墓"に象徴される青春性、可憐な純情、悲恋、そして永遠の愛を、自然の情趣を背景に、牧歌的に、悲しくも美しく描きあげた日本文学史上の名作-その本格的な英訳がついに完成。本文のほかに、作者の作品・生家・記念館・記念公園・モニュメントなども紹介。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 The tomb of wild chrysanthemum
著作者等 伊藤 左千夫
永塚 功
斉藤 伸
書名ヨミ Tomb of wild chrysanthemum
書名別名 野菊の墓
出版元 Nan'un-do Phoenix
刊行年月 1995
版表示 1st ed.
ページ数 118 p. : ill.
大きさ 19 cm
ISBN 4888960909
NCID BA25598169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96033734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
原文言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想