カザノヴァ回想録  第6巻 (ヨーロッパ放浪)

ジャック・カザノヴァ [著] ; 窪田般弥 訳

出世の野望を打ちくだかれてパリを後にした三十四歳のカザノヴァは、冒険心を漲らせてドイツのケルンへと旅立つ。仮面舞踏会、X市長夫人と教会で果たした情事、シュツットガルトでの賭博と負債の踏み倒し、そしてチューリッヒへの逃亡…。ベルン、ローザンヌ、ジュネーヴ、エクス・アン・サヴォワと続く巡歴の旅は、乗馬姿の美しい夫人や小間使のデュボワやかつての愛人M・Mに似た悲しき尼僧などに魅せられていった彼の官能と情熱の泉でもあった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カザノヴァ回想録
著作者等 Casanova, Giacomo
窪田 般弥
Casanova Jacques
カザノヴァ ジャック
書名ヨミ カザノヴァ カイソウロク
書名別名 Histoire de ma vie

ヨーロッパ放浪

Kazanova kaisoroku
シリーズ名 河出文庫
巻冊次 第6巻 (ヨーロッパ放浪)
出版元 河出書房新社
刊行年月 1995.6
ページ数 424p
大きさ 15cm
ISBN 4309465366
NCID BN12885487
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96033355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想