伯爵の素顔

メアリー・ライアンズ 作 ; 鴨井なぎ 訳

コルシカ島-復讐の歴史で知られる美しい島。ルイザは商用のかたわら、弟の窮状を救おうと島を訪れた。弟は婚約者がいるにもかかわらず別の女性とつきあい、その女性の叔父から責任を取るように迫られていた。厳格なチナルケジ伯爵は、姪を島の城に閉じこめてしまったという。銀髪の老貴族を想像していたルイザの前に現れたのは、三十代半ばと思われる黒髪のハンサムな男性だった。とまどうルイザに、彼は弟を非難し、名誉のための結婚を命じた。名誉の結婚。コルシカの伝統。今どき、そんな価値観は通用しないわ。反論するルイザの前に、吸い込まれそうな青い瞳が近づいてきた…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伯爵の素顔
著作者等 Lyons, Mary
鴨井 なぎ
ライアンズ メアリー
書名ヨミ ハクシャク ノ スガオ
シリーズ名 ハーレクイン・イマージュ I981
出版元 ハーレクイン
刊行年月 1996.1
ページ数 156p
大きさ 17cm
ISBN 4833539810
全国書誌番号
96033338
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想