遠い日の夢のために

キャサリン・アーサー 作 ; 大谷真理子 訳

住まいはニューヨークの豪奢なアパート。恋人は巨大企業の社長。トップモデル、マギーの成功は、故郷の炭坑町でもてはやされた。だが久しぶりに実家に戻ったその日、マギーは兄から父が彼女と恋人ロジャーの交際を快く思っていないと聞かされる。「ゲイリン・ケンドリックのせいなんだ」兄のその言葉に遠い日の思い出がよみがえった。学生のころ車で大事故を起こし、醜い傷と包帯に覆われたゲイリンに、彼女は教科書を読んであげ、人生について語り合ったりもした。その彼が今、弁護士として、ロジャーの工場の産業廃棄物の不法投棄を糾弾しているという。マギーの両親の三十五回目の結婚記念パーティに現れたゲイリンは、精悍な大人の男性になっていた。彼はマギーに冷たい視線を向けた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遠い日の夢のために
著作者等 Arthur, Katherine
大谷 真理子
アーサー キャサリン
書名ヨミ トオイ ヒ ノ ユメ ノ タメニ
書名別名 Tooi hi no yume no tameni
シリーズ名 ハーレクイン・イマージュ I984
出版元 ハーレクイン
刊行年月 1996.1
ページ数 156p
大きさ 17cm
ISBN 4833539845
全国書誌番号
96033335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想