満洲に消えた分村 : 秩父・中川村開拓団顛末記

山川暁 著

昭和13年(1938年)、中川村開拓団は先遣隊34名が満洲国樺川県小八浪に入植した。加藤完治の農本思想に鼓吹された団長、一旗上げようとする団員たちやその家族たち。かれらのゆくてに待ち受けていたものはなにか。残留孤児問題まで尾をひく悲劇の歴史はここに幕を開けた。在籍者606名のうち、303名が中国で死亡、残留者や生死不明の者29名、現在までに帰国できた者274名である。苦難に満ちた開拓団の顛末を詳細に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 歳月
  • 第1章 分村計画
  • 第2章 隣人の大地
  • 第3章 模範開拓団
  • 第4章 苦力という名の隣人
  • 第5章 王道楽土
  • 第6章 暗雲
  • 第7章 逃避行の果てに
  • 終章 体験の風化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 満洲に消えた分村 : 秩父・中川村開拓団顛末記
著作者等 山川 暁
書名ヨミ マンシュウ ニ キエタ ブンソン
書名別名 Manshu ni kieta bunson
出版元 草思社
刊行年月 1995.12
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 4794206755
NCID BN13763113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96033304
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想