ふたりの女神

榎木洋子 著

1学期の終業式の日。三雲隼人のクラスに転校生がやってきた。が、隼人は、彼に殺気めいたものを感じた。同じ忍者の"匂い"がするのだ。さては、女神降臨剣を狙っている敵なのか…。突然、隼人の所へ父・雷蔵が現れた。忍者装束の一団と人面をもった黒い獣によって、甲賀の里が襲われたという。早速、隼人は、両親と共に甲賀へ向かった。甲賀では、雷蔵の父で総領である佐武郎が、誰に次期総領を指名するかでもめている最中でだった…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ふたりの女神
著作者等 榎木 洋子
書名ヨミ フタリ ノ メガミ
シリーズ名 女神降臨剣 2
小学館キャンバス文庫 2
出版元 小学館
刊行年月 1996.1
ページ数 246p
大きさ 15cm
ISBN 4094302522
全国書誌番号
96033252
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想