バーにかかってきた電話

東直己 著

いつものバーで、いつものように酒を呑んでいた「俺」は、見知らぬ女から、電話で奇妙な依頼を受けた。伝言を届け相手の反応を観察してほしいという。疑問を感じながらも依頼を果したのだが、その帰り道、何者かによって殺されそうになった。そして、ひとり調査を続けた「俺」が知ったのは依頼人と同じ名前の女が、地上げ放火ですでに殺されていたことだった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バーにかかってきた電話
著作者等 東 直己
書名ヨミ バー ニ カカッテキタ デンワ
シリーズ名 JA
ハヤカワ文庫
出版元 早川書房
刊行年月 1996.1
ページ数 370p
大きさ 16cm
ISBN 4150305382
NCID BB0669480X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96033239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想