朱鞘安兵衛

津本陽 著

越後新発田城下で新陰流の太刀を学んだ中山安兵衛は、その後、馬庭念流の樋口道場へ入門。天性の剣筋で頭角を現わす彼に、高弟の妹が密かに思いを寄せる。だが、すでに妻子ある身、悩み抜いた末、江戸へ出奔。荒稽古で名高い堀内道場で、代稽古をつける四天王の一人となった。高田馬場の決闘を経て、吉良邸討ち入りを果たす、堀部安兵衛の無敵の剣を描く血風録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 朱鞘安兵衛
著作者等 津本 陽
書名ヨミ シュザヤ ヤスベエ
シリーズ名 光文社文庫
出版元 光文社
刊行年月 1996.1
ページ数 399p
大きさ 16cm
ISBN 4334721702
NCID BB2149964X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96033212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想