琥珀の結界

ひかわ玲子 著

時は巡り、時は満ち、今や若き天才武将、「蒼の王子」と謳われるまでに成長したフェランは、遂に憎き敵国バハウ帝国から、故国エルミネールを奪還した。しかし、それは、ひとえにフェランの参謀として味方してくれた翼人・アルジェリックのおかげでもあった。そして兄ジークが、隣国リンバーグ皇国に幽閉されてまで、フェランをかばった結果でもあった。フェランは、ジークを平和裡に返してもらうべく、リンバーグに使節団を派遣するが、リンバーグの返答はつれないもの。又、魔法神殿の怪しい動きは、フェランを苦しめる基となるが…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 琥珀の結界
著作者等 氷川 玲子
ひかわ 玲子
書名ヨミ コハク ノ ケッカイ
シリーズ名 クリセニアン年代記 7
小学館キャンバス文庫 7
出版元 小学館
刊行年月 1996.1
ページ数 237p
大きさ 15cm
ISBN 4094300279
NCID BB22108930
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96033198
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想