旭日の艦隊  後世欧州戦史 4

荒巻義雄 編

エジプトを占領した神聖第三帝国は、欧州全土に加え、地中海から北アフリカ、そして中東までを版図に加えた。海外拠点を次々失った英国に反撃の余力はすでにない。覇王ヒトラーの次なる目標は、猛烈な戦略爆撃に消耗しつつも、ユーラシア大陸で唯一抵抗を続ける東方の大国、スターリン率いるソ連であった。後世暦一九四三年夏、要塞線を挾んで睨み合う膠着状態を一気に打開すべく、独逸軍は南方黒海沿岸に史上最大の上陸作戦を開始したが…。旭日艦隊極秘資料より抜粋した後世欧州戦秘史。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旭日の艦隊
著作者等 荒巻 義雄
書名ヨミ キョクジツ ノ カンタイ
書名別名 Kyokujitsu no kantai
シリーズ名 C novels
巻冊次 後世欧州戦史 4
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.11
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 4125003750
NCID BB05458517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96033185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想