赤い夕陽の満州野が原に

相良俊輔 著

過去は語られなければならないし、現代はそれに耳を傾けねばならない-昭和動乱の引鉄、張作霖氏の爆殺を画して、日本陸軍を逐われ、暗黒昭和史の一ページに悲劇の刻印を捺した世紀の風雲児・河本大作の知られざる生涯を描いた感動作。広漠たる原野にくりひろげられた雄渾なる昭和の舞台の序幕を綴る一千枚。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 雄飛
  • 第2章 雌伏
  • 第3章 狡猾
  • 第4章 内乱
  • 第5章 決意
  • 第6章 計画
  • 第7章 暗殺
  • 第8章 追及
  • 第9章 暗転
  • 第10章 薄氷
  • 第11章 使命
  • 第12章 開花
  • 終章 永訣

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤い夕陽の満州野が原に
著作者等 相良 俊輔
書名ヨミ アカイ ユウヒ ノ マスノガハラ ニ
書名別名 鬼才河本大作の生涯
シリーズ名 光人社NF文庫
出版元 光人社
刊行年月 1996.1
ページ数 590p
大きさ 16cm
ISBN 4769821077
NCID BA34270837
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96033161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想