文芸編集者の戦中戦後

木村徳三 著

昭和の名文芸編集者が語る文学への熱い想いと貴重な時代の証言。激動の戦中戦後を昭和文学とともに歩んだ著者の回想。川端康成、三島由紀夫、太宰治、谷崎潤一郎、永井荷風、志賀直哉、林芙美子などへの限りないレクイエム。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 作家白描(島崎藤村
  • 正宗白鳥 ほか)
  • 2 『文芸』時代(『文芸』以前
  • 二人の先輩 ほか)
  • 3 『人間』時代(『人間』創刊
  • 鎌倉文庫-白木屋時代 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文芸編集者の戦中戦後
著作者等 木村 徳三
書名ヨミ ブンゲイ ヘンシュウシャ ノ センチュウ センゴ
出版元 大空社
刊行年月 1995.7
ページ数 315p
大きさ 22cm
ISBN 4756800076
NCID BN13157179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96033108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想