国際交通論

吉田茂, 高橋望 著

日本の経済的繁栄は、船舶と航空機による大量の財と人の輸送に負っている。海運と航空の現況と課題を整理し、新しい学問としての国際交通論の体系化を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 国際交通の現況と諸問題
  • 第1部 海運産業編(海運サービス論
  • 海運業論
  • 海運市場論
  • 定期船海運論
  • コンテナリゼーションと定期船海運 ほか)
  • 第2部 航空産業編(航空輸送産業の特質と動向
  • わが国の航空市場の発展と航空政策
  • 米国における航空規制緩和政策
  • 国際航空輸送の制度的枠組み
  • 国際航空における規制と競争 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際交通論
著作者等 吉田 茂
高橋 望
書名ヨミ コクサイ コウツウ ロン
書名別名 Kokusai kotsu ron
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1995.9
ページ数 257p
大きさ 19cm
ISBN 4790705706
NCID BN13099425
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想