森が滅びる : 林道とダム開発現場を行く

石川徹也 著

[目次]

  • 第1章 山岳破壊ハイウエー-山形・朝日連峰からの報告
  • 第2章 秘境の終焉-熊野川源流と有峰湖開発
  • 第3章 国有林神話の崩壊-群馬県草津町に残した大きな遺恨
  • 第4章 ダム現場からの警告-黒部川・出し平ダム排砂問題ルポ
  • 第5章 堆砂ダム紀行-天竜川の泰阜、佐久間ダム
  • 第6章 山村疲弊の構造-終わりなきダム開発の地・奥只見
  • 第7章 御岳山への残像-長野県西部地震十年後の王滝村
  • 第8章 山岳無人地帯-マタギ集落・三面への彷徨
  • 第9章 転機の林政-富山県の林道開設の現場から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森が滅びる : 林道とダム開発現場を行く
著作者等 石川 徹也
書名ヨミ モリ ガ ホロビル
出版元 三一書房
刊行年月 1995.12
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4380952878
NCID BN1373564X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想