農系からの発想 : ポスト工業社会にむけて

石見尚 著

脱工業社会への移行に工業の論理と農業の論理をいかに役立てるか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 和辻「風土」論をこえて(新しいコミュニティ-個人主義と集団主義の結合
  • 生態系農業の方法
  • 社会資本と社会的所有
  • 和辻「風土」論をこえて)
  • 第2部 歴史的自然とデザイン(緩衝スペースとしての水田農業
  • 資源の再発見と中間技術
  • 外部環境の変化に強い工業への道-農系システムの応用
  • 日本文化の伝承の場としての農村)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農系からの発想 : ポスト工業社会にむけて
著作者等 石見 尚
書名ヨミ ノウケイ カラノ ハッソウ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 1995.11
ページ数 233p
大きさ 20cm
ISBN 4818808210
NCID BN13641466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想