聖なる飢餓 : カニバリズムの文化人類学

ペギー・リーヴズ・サンデイ 著 ; 中山元 訳

他者の身体は、生を回復し、神と交感し、私となるための聖餐である。戦慄と魅惑の"人肉食"という象徴体系を、心理学や民族学を援用して解析する、出色のカニバリズム論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 通文化的にみたカニバリズム
  • 第2章 分析の枠組み
  • 第3章 身体の神秘-フア族とギミ族の死者のカニバリズム
  • 第4章 両性具有の原‐存在-ビミン・クスクスミン族のカニバリズム
  • 第5章 人喰い怪物と「獣-友」
  • 第6章 魂の欲望の顔-十七世紀におけるイロクォイ族の拷問とカニバリズム
  • 第7章 生の女と調理した男-十九世紀におけるフィジーのカニバリズム
  • 第8章 「貴重な鷲-サボテンの果実」-アステカ族の人間の生贄
  • 第9章 カニバリズム慣行の転換と終焉
  • 第10章 結論-その他の象徴と儀礼様式

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖なる飢餓 : カニバリズムの文化人類学
著作者等 Sanday, Peggy Reeves
中山 元
サンデイ ペギー・リーヴズ
書名ヨミ セイナル キガ
書名別名 Divine hunger
出版元 青弓社
刊行年月 1995.12
ページ数 391, 19p
大きさ 20cm
ISBN 4787231065
NCID BN13669614
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想