必然の選択 : 地球環境と工業社会

河宮信郎 著

[目次]

  • 第1章 問題の所在
  • 第2章 希少な資源と過剰な資源
  • 第3章 資源枯渇・技術開発・資源代替
  • 第4章 熱機関技術の発達とその限界
  • 第5章 成長の主導産業と科学技術の進歩
  • 第6章 代替エネルギーの本質的限界
  • 第7章 材料技術・エネルギー技術のトレンドと資源物理学
  • 第8章 日本のエルギー供給と主導産業
  • 第9章 地球温暖化対策
  • 第10章 経済成長か環境保全か
  • 第11章 市場経済システムのトレンドと環境負荷
  • 第12章 高度成長終焉と主導産業部門

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 必然の選択 : 地球環境と工業社会
著作者等 河宮 信郎
書名ヨミ ヒツゼン ノ センタク
書名別名 Hitsuzen no sentaku
出版元 海鳴社
刊行年月 1995.12
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 4875251726
NCID BN13677281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032681
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想