150億年の手紙 : 「進化論」から「分化論」へ、パラダイムは変わる 地球・宇宙・そして人間part3

松井孝典 著

ダーウィンの進化論にも匹敵するニュー・パラダイム「分化論」で150億年の時空と人間存在の意義を解く壮大な科学的文明論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 科学も歴史から学ぶ
  • 地球の歴史から見えてくるもの
  • 地球の歴史は「汚染」の歴史である
  • 歴史の始まりとしてのビッグバン
  • 宇宙創成期のシナリオ
  • 星は万物創成の素である
  • 天の川の水の中に浮かぶ星
  • 地球と金星・火星の分岐点
  • 「分化」して、地球のシステムが変わった
  • 生命起源論の限界〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 150億年の手紙 : 「進化論」から「分化論」へ、パラダイムは変わる 地球・宇宙・そして人間part3
著作者等 松井 孝典
書名ヨミ ヒャク ゴジュウオクネン ノ テガミ
出版元 徳間書店
刊行年月 1995.12
ページ数 241p
大きさ 20cm
ISBN 4198604061
NCID BN13958349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032607
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想