試験と競争の学校史

斉藤利彦 著

著者は、試験が国家による画一的制度として全国レベルで成立し押し進められていった状況を、豊富な史料を駆使して鮮やかに解き明かす。生徒や教師、そして親たちが「試験」と「競争」という行為にどのように参加してそれを受容し、何を感じていたのかを内在的に理解しようとする画期的労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 競争と試験の状況から
  • 第1章 試験の風景
  • 第2章 試験制度の成立
  • 第3章 試験制度の実際
  • 第4章 試験による淘汰と教育のひずみ
  • 第5章 仕掛けとしての試験-試験による競争の組織化
  • 第6章 中学校における競争と淘汰
  • 第7章 進学競争の世界
  • 終章 「試験の時代」と競争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 試験と競争の学校史
著作者等 斉藤 利彦
書名ヨミ シケン ト キョウソウ ノ ガッコウシ
シリーズ名 平凡社選書 163
出版元 平凡社
刊行年月 1995.11
ページ数 266p
大きさ 20cm
ISBN 4582841635
NCID BN1347326X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想