世界権力構造の秘密 : 闇の犯罪秘密結社の恐るべき野望

ユースタス・マリンズ 著 ; 天童三郎 訳

巧みな機構を網羅し世界を寡頭支配する、国際秘密超政府の全系列を暴く衝撃の書。聖書の民ユダヤを剽窃したカナンの末裔こそ世界超政府の正体だ。13世紀にヴェネツィアを本拠とし全欧に寄生した黒い貴族たちの800年に及ぶ世界支配の秘密を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新世界権力とはなにか?
  • 第2章 ロスチャイルド家の勃興と一族の世界支配
  • 第3章 ソヴィエト・ロシア帝国の誕生と崩壊
  • 第4章 フランクリン・ルーズヴェルトの虚像を剥ぐ
  • 第5章 アメリカのビジネスを動かす七人の男
  • 第6章 英国情報部とつながるCIAの正体
  • 第7章 大統領府と結託するベクテル社の秘密
  • 第8章 「財団」-世界権力の犯罪シンジケート
  • 第9章 世界権力という寄生体の覇権は永続しない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界権力構造の秘密 : 闇の犯罪秘密結社の恐るべき野望
著作者等 Mullins, Eustace
天童 三郎
Mullins Eustace Clarance.
太田 龍
マリンズ ユースタス
書名ヨミ セカイ ケンリョク コウゾウ ノ ヒミツ
書名別名 The world order. 2nd ed

Sekai kenryoku kozo no himitsu
出版元 日本文芸社
刊行年月 1995.12
ページ数 518p
大きさ 20cm
ISBN 4537024968
NCID BA34948578
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想