金融不安定構造 : 基軸通貨ドル体制の動揺

今宮謙二 著

資本主義的信用制度の賭博性の進行、バブル崩壊後の金融危機、為替相場の乱高下と異常円高、金融スキャンダルなど、焦眉の経済問題を構造的に分析。問題の基底にある戦後・基軸通貨ドル体制動揺の実態を、覇権国家アメリカの新戦略との関連でリアルにとらえ、90年代不況克服の道を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第一篇 基軸通貨体制と金融不安定構造(基軸通貨制度不安定の基礎
  • 金融不安定構造の仕組み
  • 基軸通貨ドル体制不安の基本構造
  • 90年代不況と金融不安定構造)
  • 第二篇 バブル経済と日本の銀行資本-金融不安定構造の深化(バブル経済と日本資本主義
  • 日本の大銀行資本の経営戦略
  • 金融スキャンダルと大銀行の経営戦略-バブル経済下での銀行行動)
  • 第3篇 基軸通貨ドル体制危機・不安の実像(円急騰・ドル暴落の背景と課題-1993年ドル暴落の実態
  • 基軸通貨ドル不安下での日米関係
  • 異常円高など為替相場乱高下の実像-1995年のドル不安問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融不安定構造 : 基軸通貨ドル体制の動揺
著作者等 今宮 謙二
書名ヨミ キンユウ フアンテイ コウゾウ
書名別名 Kin'yu fuantei kozo
出版元 新日本出版社
刊行年月 1995.12
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 440602400X
NCID BN13799846
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想