銀行支店長の経営実務

左右田実 編著

支店長の職務は過酷だが、実にやりがいのある職務でもある。金融自由化が本番を迎え、現在の金融機関の支店経営をめぐる環境はきわめて厳しく、今後の見通しもまた厳しい。こうした環境下、支店長の責務はますます重く、また支店の経営者としての力量が厳しく問われている。やるべきことはきわめて多く、かつ切迫してるところへもってきて、さらに、人、物、金の合理化要請が従来にもましてきつくなっている。ややもすると、追込まれ、自信をなくしかねない状況だが、こんな時こそ必要となるのは、すべてに前向きな対応である。本書は以上のような観点にたち、支店長が取組むべき課題について述べている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 支店長の経営課題
  • 第2章 支店経営のビジョン設定
  • 第3章 営業店運営方針の策定
  • 第4章 融資・調達のリストラクチャリングと対応策
  • 第5章 業績管理と営業推進
  • 第6章 リスク管理と支店長の対応
  • 第7章 ローコスト体制の確立
  • 第8章 人材の戦力化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 銀行支店長の経営実務
著作者等 左右田 実
書名ヨミ ギンコウ シテンチョウ ノ ケイエイ ジツム
出版元 銀行研修社
刊行年月 1996.1
版表示 新訂.
ページ数 275p
大きさ 22cm
ISBN 4765737594
NCID BN14903171
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032518
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想