キューバ核ミサイル危機1962

八木勇 著

アメリカ大統領のテレビ演説に端を発してカリブ海を軍事緊張に包んだ13日間。疑心暗鬼のケネディとフルシチョフの暗闘-戦後最大の事件の全貌を極秘テープ議事録、再検討会議の第一級史料、マクナマラ回顧録などをもとにリアルに再現し、核抑止力論に立つ世界への警鐘を打つドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 予兆
  • 第2部 十月の核ミサイル
  • 第3部 残響

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キューバ核ミサイル危機1962
著作者等 八木 勇
書名ヨミ キューバ カク ミサイル キキ センキュウヒャク ロクジュウニ
書名別名 Kyuba kaku misairu kiki senkyuhyaku rokujuni
出版元 新日本出版社
刊行年月 1995.12
ページ数 396, 20p
大きさ 22cm
ISBN 4406023984
NCID BN13782548
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032453
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想