死海写本の謎を解く

E.M.クック 著 ; 土岐健治 監訳

今世紀最大の考古学上の発見と言われる「死海写本」。しかし、その発見と研究のストーリーには常に謎と疑惑がつきまとい、様々な憶説や誹謗中傷が後を絶たない。死海写本の発見から最新の研究成果までを正確に辿りながら、数々のミステリーが生まれる背景を明らかにする最良の「死海写本入門」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 死海写本の発見 1947‐1960
  • さらなる洞窟と写本の発見、そして論争
  • 遅滞と混乱
  • 死海写本の再発見
  • クムラン写本を書いたのは誰か
  • 死海写本の中にキリスト教は存在するか
  • 死海写本と福音書

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死海写本の謎を解く
著作者等 Cook, Edward M
土岐 健治
太田 修司
湯川 郁子
クック E.M.
書名ヨミ シカイ シャホン ノ ナゾ オ トク
書名別名 Solving the mysteries of the Dead Sea Scrolls

Shikai shahon no nazo o toku
シリーズ名 死海写本
出版元 教文館
刊行年月 1995.9
ページ数 335, 9p
大きさ 19cm
ISBN 4764266105
NCID BN13280776
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想