歴史を見なおす東北からの視点 : 東の論理

中名生正昭 著

貧しい東北、それが、かつては黄金と米と馬で西日本をはるかにしのぐ富を持っていた。その富があるために、西からの絶え間ない侵略にあい、その富を収奪され続けてきた。この間の経緯について、歴史は沈黙したままであり、誰もそれを知ろうとはしない。(中略)ここに世界に通じる日本の正しい史観を構築するために、東日本からの歴史観、明治維新史を提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代からのメッセージ
  • 第2章 世界に轟いていた東の富
  • 第3章 絶え間ない西からの侵略
  • 第4章 江戸の平和と繁栄の源泉
  • 第5章 改革の思想と文化の系譜
  • 第6章 究極の悲劇・戊辰戦争
  • 第7章 反骨と再起と近代化
  • 第8章 「東の誇り」と未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史を見なおす東北からの視点 : 東の論理
著作者等 中名生 正昭
書名ヨミ レキシ オ ミナオス トウホク カラノ シテン
出版元 かんき
刊行年月 1995.5
ページ数 230, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4761255072
NCID BN13067826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想