認知心理学  5

波多野 誼余夫【編】

ヒトは生まれながらにして特定の分野についての優れた学習者であると同時に多様な分野に関して社会・文化の中でさまざまな経験を重ね知識や技能を獲得していく存在である。本書は、こうしたヒトの学習と発達のありさまを実験室で行われている人工的だが精密な学習研究と日常的・教育的文脈における長期にわたる獲得の両方にもとづいて論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 概観-獲得研究の現在
  • 第1章 熟達化
  • 第2章 実践の認知的所産
  • 第3章 概念的発達と変化
  • 第4章 コネクションとしての学習
  • 第5章 分類カテゴリー・概念の学習
  • 第6章 説明と類推による学習
  • 第7章 テキストからの学習
  • 第8章 処理速度・容量と問題解決
  • 第9章 学習の動機づけ・社会的文脈

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知心理学
著作者等 波多野 誼余夫
書名ヨミ ニンチ シンリガク
書名別名 学習と発達
巻冊次 5
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1996.1
ページ数 264p
大きさ 21cm
ISBN 4130151053
NCID BN13712065
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
学習と発達 波多野 誼余夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想