脳ミソを哲学する

筒井康隆 著

SF界の巨匠が、科学の第一線で活躍する人たちに「最先端のいま」を鋭く問う。解剖のこと、お天気のこと、数学のこと、みんな考えればすべて深遠な哲学に到達する。10人の一流科学者たちが学問の真髄を披瀝する注目の面白本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 科学哲学者 村上陽一郎さんと「哲学する科学者待望論」のはなし
  • 第2章 解剖学者 養老孟司さんと「脳ミソを哲学する」はなし
  • 第3章 生命誌研究館副館長 中村桂子さんと「生命の歴史を読み解く」はなし
  • 第4章 動物行動学者 日高敏隆さんと「動物たちの言いぶん」のはなし
  • 第5章 数学者 森毅さんと「頭のなかの回路」のはなし
  • 第6章 気象学者 根本順吉さんと「地球の百葉箱」のはなし
  • 第7章 生物工学者 軽部征夫さんと「生物とつくる未来の地球」のはなし
  • 第8章 理論物理学者 佐藤文隆さんと「星を見ずに星を語る人」のはなし
  • 第9章 イカ学者 奥谷喬司さんと「前衛的なイカの生態」のはなし
  • 第10章 評論家 立花隆さんと「科学の未来を覗く」はなし

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳ミソを哲学する
著作者等 筒井 康隆
書名ヨミ ノウミソ オ テツガクスル
書名別名 Nomiso o tetsugakusuru
出版元 講談社
刊行年月 1995.12
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 4062079496
NCID BN13770458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想