江戸サラリーマン川柳

三谷茉沙夫 編著

江戸時代の下級武士の川柳には、現代のサラリーマンや庶民の哀歓がそのまま詠まれている。江戸川柳と現代川柳を通して冷たい目と、鋭い耳と精密な唇で描いた江戸のサラリーマンの実像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 すまじきものは宮仕え-刀を差したサラリーマンたち
  • 第2章 丁稚・下女が夢見る玉の輿-商家の奉公人は中小企業の社員
  • 第3章 金もないのについ吉原へ-今も昔も楽しみは酒・ギャンブル…
  • 第4章 男も女もすなるものは…-時代を超えて変わらぬ男と女の間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸サラリーマン川柳
著作者等 三谷 茉沙夫
書名ヨミ エド サラリーマン センリュウ
出版元 三一書房
刊行年月 1995.12
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 438095305X
NCID BN1422778X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想