乳房のうたの系譜

道浦母都子 著

「春みじかし何に不滅の命ぞとちからある乳を手にさぐらせぬ」とうたった与謝野晶子をはじめ、翼をはばたき自由を求めて、思いの丈をうたに託した九人の女性たち。「いとけなき者に与えしことのなき両の乳房は翼であるか」とうたう著者が"乳房のうた"の流れをたどり、それぞれのうたにこめられた想いを共感こめて、蘇らせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 与謝野晶子-黄金の釘
  • 2 石上露子-別れても猶
  • 3 茅野雅子-またの世も
  • 4 矢沢孝子-人に許さぬ
  • 5 九条武子-一すぢの道
  • 6 今井邦子-落ちもゆけかし
  • 7 原阿佐緒-ただにわが児を
  • 8 中城ふみ子-もゆる限りは
  • 9 斎藤史-渉りかゆかむ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乳房のうたの系譜
著作者等 道浦 母都子
書名ヨミ チブサ ノ ウタ ノ ケイフ
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.11
ページ数 201p
大きさ 20cm
ISBN 4480813861
NCID BN13564580
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想