修羅の渚 : 宮沢賢治拾遺

真壁仁 著

東北の野に生きて、生活と科学と詩の綜合をめざした賢治の精神を実践的に継承してきた詩人が、半世紀にわたってその巨大な足跡と格闘しつつ築き上げてきた独自の宮沢賢治像。時空を超えて賢治の宇宙へ誘う詩的共鳴の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 北-「グスコーブドリの伝記」に続けて
  • 陸羽一三二号物語-おくれた出会いのこと
  • 農業者としての宮沢さん-私の研究メモの一
  • 酸えたる土にそそぐもの
  • 実践家としての宮沢賢治
  • 宮沢賢治と童話的世界像
  • 体験と理想-宮沢賢治について
  • 気圏詩人
  • 宮沢賢治論
  • 賢治三十三回忌〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 修羅の渚 : 宮沢賢治拾遺
著作者等 真壁 仁
書名ヨミ シュラ ノ ナギサ
書名別名 Shura no nagisa
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1995.12
ページ数 200p
大きさ 20cm
ISBN 458846003X
NCID BN13622337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想