日本文学を哲学する

赤羽根竜夫 著

[目次]

  • 『源氏物語』における「鬼」と「もののあはれ」
  • 鬼と女-『伊勢物語』から『かげろう日記』へ
  • 「小野小町」考
  • 西行、そして風が
  • 隠者文学の思想史
  • 桃太郎の思想史
  • 芭蕉の心を吹いた風
  • 『舞姫』と『ファウスト』
  • 透谷とロマン主義-日本の最初の哲学者としての北村透谷
  • "大仏は美男におはす"考-鎌倉の与謝野晶子

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文学を哲学する
著作者等 赤羽根 竜夫
書名ヨミ ニホン ブンガク オ テツガクスル
出版元 南窓社
刊行年月 1995.12
ページ数 336p
大きさ 22cm
ISBN 4816501606
NCID BN13723866
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想