覇者の一手

河口俊彦 著

戦後50年、たった9人しか名人位に就くことを許されていない。天才集団である将棋界にあって、なおその覇者たる条件とは何なのか。覇者の肖像とは…。彼らの光と影、そしていま、時代に選ばれた羽生善治を、筆者の眼が読み解く。また羽生が四段時代、名人になると断言した「予言の書」でもある。プロ棋士であり名エッセイストでもある河口俊彦六段が活描する吟醸のエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 羽生善治という男
  • 第2章 覇者たちの肖像
  • 第3章 千駄ヶ谷の夜
  • 第4章 覇者への軌跡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 覇者の一手
著作者等 河口 俊彦
書名ヨミ ハシャ ノ イッテ
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1995.8
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 4140802243
NCID BN12813806
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031515
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想