色の歴史手帖 : 日本の伝統色十二カ月

吉岡幸雄 著

古都の「染め色」図鑑。紅花、藍、刈安、茜…。『万葉集』の色『延喜式』の色など、日本の伝統色を「染司よしおか」の五代目が再現。京都、奈良の年中行事、寺社を訪ね、四季折々にふさわしい色を伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一月 あらたなる年を迎えて、朱の赤、艶やかな絹を思う
  • 二月 東大寺のお水取り、聖なる衣、雪のごとく
  • 三月 四川省で摘まれた紅花、椿の色になり、二月堂に映える
  • 四月 花をささげ、花に願い、花を衣に映す
  • 五月 高貴な色として、古代より尊ばれた紫の色
  • 六月 祇園会の華麗な飾りと友禅染の誕生
  • 七月 世界の人々に愛され、涼やかな色を生む藍
  • 八月 七夕に、絹の始まり、綾錦の美しさを思う
  • 九月 石清水祭、青柿の実る頃、刈安の黄を求めて
  • 十月 菊そして、天子の色、紅葉の色
  • 十一月 正倉院と法隆寺の染織と、万葉人の衣裳
  • 十二月 春日大社のおん祭を見て再び「色」を思う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 色の歴史手帖 : 日本の伝統色十二カ月
著作者等 吉岡 幸雄
書名ヨミ イロ ノ レキシ テチョウ
出版元 PHP研究所
刊行年月 1995.12
ページ数 227p
大きさ 22cm
ISBN 456954827X
NCID BN13717659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想