音楽のはじめ

カルル・シュトゥンプ 著 ; 結城錦一 訳

録音技術の黎明とともに生れた音楽起源論の古典。民族学、比較音楽学、実験心理学の知見を援用して、音楽の原初の様式を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 音楽的所作の源泉と原始様式
  • 第2部 自然民族の歌謡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽のはじめ
著作者等 Stumpf, Carl
結城 錦一
シュトゥンプ カルル
書名ヨミ オンガク ノ ハジメ
書名別名 Die Anfänge der Musik
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 501
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1995.11
ページ数 193p
大きさ 20cm
ISBN 4588005014
NCID BN13492515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想