印象派の画家たち

フランチェスコ・サルヴィ 文 ; 島田紀夫 監訳

本書では、約200点の作品を紹介しながら、印象派の画家たちの生涯とその功績、作品の見方や、印象派の舞台となった19世紀パリなどを、イラストや参考図版とともにわかりやすく紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 印象派の誕生と登場人物たち
  • 印象派の舞台
  • 新生パリ
  • ルーヴル美術館での模写
  • 芸術家のアトリエ
  • レアリスムの台頭
  • 戸外の光の中で
  • 自然の瞬間を描く
  • 落選展
  • 日本美術の影響
  • 写真の登場
  • 描き出された人物
  • ラ・グルヌイエール
  • バティニョール地区
  • 社交の場
  • 戦争とパリ・コミューン〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 印象派の画家たち
著作者等 Galante, L. R.
Ricciardi, Andrea
Salvi, Francesco
島田 紀夫
ガランテ ルイス・R.
リッチャルディ アンドレア
サルヴィ フランチェスコ
書名ヨミ インショウハ ノ ガカタチ
書名別名 Gli Impressionisti
シリーズ名 絵とき美術館
出版元 講談社
刊行年月 1996.3
ページ数 64p
大きさ 36cm
ISBN 4062074869
NCID BN13731015
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想