焼畑と熱帯林 : カリマンタンの伝統的焼畑システムの変容

井上真 著

焼畑は熱帯林消失の原因か。従来、伝統的焼畑農業は森林生態系と調和し、森林の消失の原因とはならなかった。しかし現実にカリマンタン奥地のケニァ人の世界では伝統的システムが急速に変容している。この事実に生態人類学、農法論、農業経済学、コモンズ論などからアプローチし、問題の核心に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ケニァ人の歴史と集落の概況
  • 2章 焼畑システム変容の実態
  • 3章 焼畑農業の変容メカニズム
  • 4章 焼畑農業は持続的か
  • 終章 アポ・カヤン地域における文化生態系の動態

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 焼畑と熱帯林 : カリマンタンの伝統的焼畑システムの変容
著作者等 井上 真
書名ヨミ ヤキバタ ト ネッタイリン
出版元 弘文堂
刊行年月 1995.12
ページ数 176p
大きさ 22cm
ISBN 4335560877
NCID BN13665861
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想