プロセス開発工学入門 : プロセスの研究から工業化までの化学工学的手法と実際

池田米一 著

[目次]

  • 1 総論-プロセス開発の意義と方法(新しい技術の規範
  • プロセスと工業 ほか)
  • 2 各論-プロセス開発のための化学工学要論(プロセス開発と化学工学
  • スケールアップの基礎 ほか)
  • 3 事例-開発の実際と方法(工業触媒の開発
  • 流動層反応の工業化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プロセス開発工学入門 : プロセスの研究から工業化までの化学工学的手法と実際
著作者等 池田 米一
書名ヨミ プロセス カイハツ コウガク ニュウモン
書名別名 Purosesu kaihatsu kogaku nyumon
出版元 信山社サイテック
刊行年月 1995.5
ページ数 112p
大きさ 22cm
ISBN 4882615266
NCID BN12726122
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想