さらばコーザ・ノストラ : だれも書けなかったマフィアの真実

ピーノ・アルラッキ 著 ; 大辻康子 訳

本書の主人公ブシェッタは、18歳のとき認められてシチリア・マフィアの一員となる。以来、持ち前の度胸のよさと統率力を発揮して人望を高め、やがてコーザ・ノストラの中心人物となってゆく。ところが、1970年代に入り、一部のマフィアが麻薬取り引きに参入して莫大な利益をあげはじめると、様相は一変し、果てしのない内部抗争の時代へと突入する…。これまで誰も書けなかったマフィアの実像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • さらば、コーザ・ノストラ
  • 旧き時代
  • 名誉の人
  • 闇の商人の「仮面」
  • パレルモに生まれる
  • ポルタ・ヌオーヴァ・ファミリー
  • サルヴァトーレ・ジュリアーノ
  • ラテン・アメリカ、最初の滞在
  • ラッキー・ルチアーノ
  • ジョー・ボナンノと委員会の発足〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 さらばコーザ・ノストラ : だれも書けなかったマフィアの真実
著作者等 Arlacchi, Pino
大辻 康子
アルラッキ ピーノ
書名ヨミ サラバ コーザ ノストラ
書名別名 Addio Cosa Nostra
出版元 学習研究社
刊行年月 1995.12
ページ数 335p
大きさ 20cm
ISBN 4054004318
NCID BA68664957
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96030922
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想