幻の川崎病、その正体と対策 : 秘められた溶連菌族の策謀

上野忠彦 著

原因論のヒントを万載し、治療や長期管理のポイントに多くの示唆を提供した野書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 川崎病の原因と発病のしくみ-原因は溶連菌か
  • 家島は神々のふるさと-コウナイの石を保存しよう
  • 患児に学ぶ
  • いろんな原因論
  • 溶連菌に対する反応
  • リンパ球アスロの動物実験
  • ヒトでの免疫反応
  • 病気の原因を証明する八原則
  • 血中の毒素を探せ
  • 犯人の足取りを追え〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻の川崎病、その正体と対策 : 秘められた溶連菌族の策謀
著作者等 上野 忠彦
書名ヨミ マボロシ ノ カワサキビョウ ソノ ショウタイ ト タイサク
書名別名 Maboroshi no kawasakibyo sono shotai to taisaku
出版元 近代文芸社
刊行年月 1995.12
ページ数 308p
大きさ 20cm
ISBN 4773352574
NCID BN14565159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想