死の臨床  1 (全人的がん医療)

日本死の臨床研究会 編

1978年から1994年までのシンポジウム、特別講演、一般演題のすべてを収録。日本におけるホスピス、ターミナルケアといった末期医療の経過、現状が一望でき、脳死、ガン告知、痛みのコントロールなどといった死に関する話題がいつ頃からどのように論議されてきたか、経過を追うことができる。医学、社会、思想、哲学、教育、宗教に至る幅広いテーマからのシンポジウム。豊富な症例提示と詳細な内容検討、独創的研究論文を完全掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 植物状態と脳死の問題点
  • ある内科医の反省-死亡63症例の検討
  • 死の受容と家族の問題
  • 乳幼児重症水頭症の問題点
  • 死に脅える患者の看護-死を否定しながらの数か月
  • 患者と家族の死の受容の差
  • 肉親の死を体験して-ターミナル・ケアに期待すること
  • 秘密の解消と死の受容
  • 宗教的観点からみた死の臨床
  • 死の臨床の基礎と実際〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死の臨床
著作者等 日本死の臨床研究会
死の臨床研究会
書名ヨミ シ ノ リンショウ
書名別名 全人的がん医療

Shi no rinsho
巻冊次 1 (全人的がん医療)
出版元 人間と歴史社
刊行年月 1995.8
版表示 新装初版
ページ数 306, 14p
大きさ 21cm
ISBN 4890070885
NCID BN13073895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想