兵庫県南部地震は、なぜ発生したか : 次は、神奈川県~東京都(鶴川活断層)地震M7.4に続いて、南海道~山陽道(和泉~石鎚活断層)超巨大地震M8.7が発生する

正村史朗 著

[目次]

  • 第1部 兵庫県南部地震は、なぜ発生したか?
  • 第2部 国民が、世界に、そして、二一世紀に誇りうる国の建設が最善の防災である
  • 第3部 地球は大きく脈動している
  • 第4部 中央構造線が動き始めた
  • 第5部 巨大地震の発生はいつか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 兵庫県南部地震は、なぜ発生したか : 次は、神奈川県~東京都(鶴川活断層)地震M7.4に続いて、南海道~山陽道(和泉~石鎚活断層)超巨大地震M8.7が発生する
著作者等 正村 史朗
書名ヨミ ヒョウゴケン ナンブ ジシン ワ ナゼ ハッセイシタカ
書名別名 Hyogoken nanbu jishin wa naze hasseishitaka
出版元 新風社
刊行年月 1995.9
版表示 追補版.
ページ数 172p
大きさ 19cm
ISBN 4915761142
NCID BN13024131
BN1343622X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想