天気図と気象

能沢源右衛門 著

本書は、「気象」という現象と、その発生や、変化を予想するのに必要な「天気図」について、できるだけ分り易く説明したものである。近年「異常気象」と呼ばれる現象が世界各地でしばしば起っている。異常というのはどんな状態であるか、またその原因と考えられる現象を知っておくべきである。さらに、最近大気汚染というべき「オゾン層の破壊」、「温室効果」、「酸性雨」など、人類によるいろいろな「地球環境の破壊」が問題になっており、21世紀の「地球の温暖化」が心配されている。これらについても簡単に説明した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 太陽-地球の育ての親
  • 地球と、それを包む大気-空気の海の構造
  • 気象 気候 異常気象
  • 気温
  • 気圧
  • 湿度
  • 大気の安定度
  • 大気の循環
  • 霧と視程を悪くする現象
  • 降水〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天気図と気象
著作者等 能沢 源右衛門
書名ヨミ テンキズ ト キショウ
書名別名 Tenkizu to kisho
出版元 成山堂書店
刊行年月 1995.12
版表示 第29次改訂版.
ページ数 230p
大きさ 22cm
ISBN 442551016X
NCID BA30057816
BA50716201
BN03919533
BN06741799
BN08942780
BN09571629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96031016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想