二重らせんの私 : 生命科学者の生まれるまで

柳沢桂子 著

研究者の卵として、一流の科学者に囲まれ、科学の進展とともに歩んだ日々。生命科学者柳沢桂子が自らの成長の跡をたどりながら「DNAとは何か」を説き、生命の意味を問いかける生命科学入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • いのちのざわめき
  • 科学にあこがれて
  • 生命科学の道へ
  • 育まれる心
  • 知を愛する人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二重らせんの私 : 生命科学者の生まれるまで
著作者等 柳沢 桂子
書名ヨミ ニジュウ ラセン ノ ワタクシ
出版元 早川書房
刊行年月 1995.12
ページ数 210p
大きさ 20cm
ISBN 415207986X
NCID BN13769710
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96030701
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想