国際化・情報化の経営学

関口操 編著

本書は、経営学上のこれまでの知識体系の共通性とともに異質的な現実を確認し、経営学として現実の経営活動や行動のよりよい理解とその方策のためにその範囲、内容、そして研究方法などの統合化を試みようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 国際化、情報化時代における経営学の課題
  • 1 ボーダレス化と日本企業の海外経営
  • 2 規制緩和とグローバリズム
  • 3 国際合弁事業とその経営問題
  • 4 多国籍企業による日本子会社の経営の基本問題
  • 5 グローバル化における地域本社
  • 6 日本的経営と国際化
  • 7 グローバル経営と異文化インターフェイス
  • 8 情報化社会における企業経営像の展望
  • 9 情報技術と経営組織-その理論展望
  • 10 組織間戦略と情報ネットワーク
  • 11 協創支援の情報化戦略
  • 12 中小企業経営の情報システム
  • 13 経営と情報

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際化・情報化の経営学
著作者等 関口 操
書名ヨミ コクサイカ ジョウホウカ ノ ケイエイガク
出版元 中央経済社
刊行年月 1995.12
ページ数 196p
大きさ 22cm
ISBN 4502333530
NCID BN1374102X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96030847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想