英国大使の外交人生

平原毅 著

外交官が見聞きした、いろいろな国のいろいろな話。父の志を継ぎ、国際平和の願いを胸に、外務省初の国際公務員として活躍。ベルギー公使、OECD、英国大使などを歴任した著者が、外交に生き、生かされた人生を語る。国際化は人生の幅と深みを増す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 外交再開への船出
  • 第2章 文明発祥の地-巡歴の八ケ月 政府派遣中近東使節団
  • 第3章 外務省初の国際公務員-ユネスコへの実験モルモット
  • 第4章 中堅幹部-働き盛りの課長・参事官
  • 第5章 ミラノ総領事、つづいてベルギー公使
  • 第6章 外交の重みを肩に感じて-経済局長
  • 第7章 モロッコ-大使の初舞台
  • 第8章 多数国間外交の楽しみ-OECD大使
  • 第9章 旅路の果て-英国
  • 第10章 外務省-ふりさけ見れば
  • エピローグ-同期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英国大使の外交人生
著作者等 平原 毅
書名ヨミ エイコク タイシ ノ ガイコウ ジンセイ
書名別名 Eikoku taishi no gaiko jinsei
出版元 河出書房新社
刊行年月 1995.12
ページ数 315p
大きさ 20cm
ISBN 4309010253
NCID BN13652236
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96030817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想