モンテスキュー政治思想研究

佐竹寛 著

本書は、これまでのモンテスキューの政治思想研究のなかから、とりわけ彼の政治理念と政治理論との必然的諸関係に関する領域を中心に、原資料に基づいて実証的にまとめたもの。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 モンテスキューにおける法と道徳
  • 第2章 La R'egenceにおけるモンテスキューの政治理念
  • 第3章 「正義」実在の観念と宗教の政治的機能
  • 第4章 モンテスキューの政治思想形成過程におけるイギリス滞在の意義
  • 第5章 比較政治思想史上の一問題
  • 第6章 家父長権論からみたモンテスキューとルソー
  • 第7章 政治的自由と「国家の拡大」
  • 第8章 モンテスキューにおける自然法と政治的自由国家
  • 第9章 モンテスキューの政治思想とアメリカ合衆国の独立

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モンテスキュー政治思想研究
著作者等 佐竹 寛
書名ヨミ モンテスキュー セイジ シソウ ケンキュウ
書名別名 政治的自由理念と自然史的政治理論の必然的諸関係
シリーズ名 中央大学学術図書 39
出版元 中央大学出版部
刊行年月 1995.11
ページ数 360, 58p
大きさ 22cm
ISBN 4805711167
NCID BN1365316X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96030795
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想