二人のアインシュタイン

デサンカ・トルブホヴィッチ=ギュリッチ 著 ; 田村雲供, 伊藤典子 訳

ノーベル賞受賞理由となった光電効果の理論をはじめ、ブラウン運動の理論、特殊相対性理論など、アルベルト・アインシュタインを20世紀最大の科学者として決定づけた研究成果が公けにされた1905年。このめざましい実りは、アルベルトの妻であり、共同研究者でもあったミレヴァの協力があって、初めてもたらされたものだった。早すぎたセルビア人女性科学者、ミレヴァ・アインシュタイン=マリッチ(1875‐1948)の凄絶な魂の浄化の物語り。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 兵士と人植者
  • 少女の世界から学校へ
  • 新たな決意・チューリヒへ
  • 工科大学-学生生活・アインシュタインとの出会い
  • 南スラブの女友だちとの交遊
  • 結婚・ベルンでの生活
  • 偉大な年「1905年」
  • チューリヒからプラハへ・ミレヴァの孤立と憂うつ
  • 三度めのチューリヒ・深まる亀裂と苦悩
  • ベルリン・戦争・別離〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二人のアインシュタイン
著作者等 Gjurić-Trbuhović, Desanka
Đurić-Trbuhović, Desanka
伊藤 典子
田村 雲供
Trbuhovi'c‐Gjuri'c Desanka
トルブホヴィッチ=ギュリッチ デサンカ
書名ヨミ フタリ ノ アインシュタイン
書名別名 Im Schatten Albert Einsteins. 5.Aufl

ミレヴァの愛と生涯
出版元 工作舎
刊行年月 1995.12
ページ数 236p
大きさ 20cm
ISBN 487502259X
NCID BN13748696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96030722
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想