ジャンヌ・ダルク、誰? : 聖少女の幻影を追って

三木宮彦 著

1429年2月、小さなドムレミ村の名もない少女は、たったひとりの聖なる戦いを始めた。映画と歴史に描かれたジャンヌ・ダルク像をてがかりに、混迷する現代史の視点で追う聖少女の真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 神の声を聞いた少女-生地ドムレミ村からヴォークールール城へ
  • オルレアンへ進軍-シャルル七世に会い、オルレアンの解放
  • ランスの栄光とコンピエーニュの恥辱-晴れて戴冠式、しかしやがて捕われの身に
  • ルーアンの異端審問-ジャンヌをおとし入れた人々
  • 死-魔女裁判、そして火刑台に
  • 聖少女の神話化-ジャンヌはEUの敵か?
  • ジャンヌ・ダルク登場までの時代背景-百年戦争とその原因
  • ジャンヌ・ダルクをヒロインとする主な劇映画と舞台作品

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャンヌ・ダルク、誰? : 聖少女の幻影を追って
著作者等 三木 宮彦
書名ヨミ ジャンヌ ダルク ダレ
出版元 フィルムアート社
刊行年月 1995.5
ページ数 365p
大きさ 20cm
ISBN 4845995425
NCID BN12742901
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96030720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想